八重歯の症例 13歳10ヶ月~17歳8ヶ月|福岡の矯正歯科なら清水矯正歯科医院。1980年開業以来の豊富な実績

清水矯正歯科医院

0927130125

お問い合わせはこちら

八重歯

八重歯の症例 13歳10ヶ月~17歳8ヶ月

治療前 13歳10ヶ月


八重歯02-01 八重歯02-02 八重歯02-03

八重歯02-04 八重歯02-05 八重歯02-06

 

治療後 17歳8ヶ月


八重歯02-11 八重歯02-12 八重歯02-13

八重歯02-14 八重歯02-15 八重歯02-16

 

治療後 23歳4ヶ月






 

上記症例の場合・・・


治療期間     約4年間 13歳10ヶ月~17歳8ヶ月

八重歯(犬歯の低位唇側転位)、乱杭歯(らんぐい)・叢生(そうせい)の矯正症例です。

顎の骨の成長を利用しながら歯を動かしました。

保定期(動かした歯を安定させる段階)を終えても、後戻りしていません。

※治療費用や通院回数は症状・状況によって異なります。

詳しくは福岡の矯正歯科 清水矯正歯科医院へお問合せ下さい。

ページトップへ戻る