上下額前突の矯正(成人) 18歳9ヶ月~22歳9ヶ月|福岡市中央区の矯正歯科なら清水矯正歯科医院。1980年開業以来の豊富な実績

清水矯正歯科医院

0927130125

お問い合わせはこちら

その他

上下額前突の矯正(成人) 18歳9ヶ月~22歳9ヶ月

治療前 18歳9か月






 

治療中 19歳11か月






 

治療中2 20歳11か月 






 

治療後(保定期) 22歳9か月 






 

治療後2 25歳11か月 (H.28年8月)






 

上記症例の場合・・・


治療期間     約4年間 18歳9か月~22歳9か月

上顎前突性の上下顎前突の成人後の矯正症例です。

<治療方針>
1.第一小臼歯を上下左右4本抜歯し、上下前歯の後方への牽引を図る
2.上下歯列弓が狭いので、拡大を行う正中線の偏位を出来るだけ解消する
<治療方針変更>
正中線改善のため、上顎右側の第二大臼歯を抜歯し、第三大臼歯(智歯)を代わりとして使うことにした。
<治療結果>
難易度が高く、時間を要したが、本人の協力も有り、最高の結果が得られた。
矯正装置を用いた治療後よりも、保定を行った後の方が安定感が増し顔のバランスも益々良くなった。

 

※治療費用や通院回数は症状・状況によって異なります。

詳しくは福岡の矯正歯科 清水矯正歯科医院へお問合せ下さい。

ページトップへ戻る