八重歯(叢生)の矯正 16歳10ヶ月~18歳10ヶ月|福岡の矯正歯科なら清水矯正歯科医院。1980年開業以来の豊富な実績

清水矯正歯科医院

0927130125

お問い合わせはこちら

その他

乱杭歯(叢生)の矯正 16歳10ヶ月~18歳10ヶ月

治療前 16歳10ヶ月
 


 

治療後(保定期) 18歳10ヶ月


 

治療後 24歳4か月(H.28年8月)
 


 

上記症例の場合・・・


治療期間     約2年間 16歳10ヶ月~18歳10ヶ月

乱杭歯(叢生)の症例

 

<診断>
左右臼歯のハサミ状咬合
上下側切歯の舌側(内側への)転位
歯列弓が内側へ傾斜し、幅が極端に狭い

 

<治療方針>
1.下顎の臼歯を外側へお越し、上顎を内側へ入れ、正しく咬合させる
2.第一小臼歯を上下左右4本抜歯し、空隙を作る
3.正中線のユガミも解消する

 

<治療結果>
臼歯部を正しく噛ませる事は至難の業であった。
後は通常の方式に従い治療を行った。
治療後は全体に旨く咀嚼が行えるようになり、口元も美しく安定した。
保定後は益々安定感が増し顔のバランスも益々良くなった。

 

※治療費用や通院回数は症状・状況によって異なります。

詳しくは福岡の矯正歯科 清水矯正歯科医院へお問合せ下さい。

ページトップへ戻る